joie

「たのしい」を集める

夏になるとみたくなる映画 5選

あまりの暑さに溶けそうな毎日、お盆休みはおうちでおこもりでした

本を読んだり、映画をみたり、おこもり満喫できてにんまり

 

映画を選んでいると、どうしても夏に観たくなる作品って決まってあるんですよね

ついつい手を伸ばしちゃう、もはや夏の風物詩みたいな映画

わたしの場合、四季それぞれに風物詩映画があったりします!

 

今回、今週のお題が見事にぴったりだったので、

夏になるとみたくなる映画を5つ選んでご紹介します

 

 

夏になるとみたくなる映画

01 歩いても 歩いても

海街diary」や「そして、父になる」で有名な是枝監督の作品

平凡に見える家庭が抱える葛藤を、ゆっくりと丁寧に描いた映画です

一見しあわせそうな人でも、人に言えない思いを抱えて生きている

その悩み葛藤する姿こそが人間臭くて素敵だな、と思わせてくれます

是枝監督の人間の描き方、そして、樹木希林さんの自然な演技がすばらしい!

 

 

02 スイミングプール

フランソワ・オゾンの古い作品

おしゃれエロティック映画かと思いきやそれだけではない!

作品は単調に、でもおしゃれに描かれていてフランソワオゾンらしい

キラキラとゆらめくプールの水面が、主人公の苦悩と重なる、なんとなくつかみどころ泣く不安定な作品

ラストの展開と、妙に残るざわつきが癖になる一本です

 

 

03 サイドカーに犬

どうしようもないダメな父親に愛想をつかして出ていく母親

残された子どもたちの元にやってきたのは、破天荒でカッコイイ父の愛人ヨーコだった

子ども達がこれまで積み上げてきた常識をバンバン壊していくヨーコ

その刺激的なひと夏の経験は子どもはずっと忘れられないはず

なかなかな設定ですが、竹内結子が演じるヨーコが可愛くて憎めません!

 

 

04 奇跡

両親の離婚で離ればなれになった兄弟の物語

新幹線がすれ違うとき願いが叶うという噂を聞き、ある計画をたてていく

こちらも是枝監督作品で、日本版スタンドバイミーといったところ

子どものひたむきさに涙すること間違いなし!

幼い頃の橋本環奈ちゃんにも注目です

 

 

05 時をかける少女

夏の定番、細田守監督の作品

細田守作品はどれも夏の定番ですが、中でもやはり「時かけ」がダントツ

夏のむわっと熱い空気と、汗のにおいと、セミの声と、野球がバットに当たる音

胸の奥がきゅうと締め付けられるような、そんな甘酸っぱい青春時代を追体験できる本作

青空をバックにかける真琴は、見るだけで胸が高鳴ります!

 

 

 

 

すこし古い映画が多くなってしまいましたが、どの映画もお気に入りの作品

夏の午後、クーラーの効いたお部屋でアイスでも頬張りながら、ぜひ見てみて下さい

 

 

今週のお題「映画の夏」

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

shiina ▴▵

広告を非表示にする